カテゴリー「RADAC」の8件の記事

2011年12月23日 (金)

ご近所用レイダック

ご近所用レイダック

最近レイダックに乗っていないので、ドロップハンドルからフラットバーに変更し、クロスバイクに改造だ~~!

なにやら2012年はクロスバイクが”流行り”らしいとファンライド誌にかいてあった。

それはさて置き、ご近所までの脚にはGIANT ROCK 5000があるので事足りるのですが、往復40KM程度のお出かけにFCR1はチョット~、って事でレイダックをクロスバイクに改造です。

さて何ヶ月掛かる事やら。

そこそこのパーツは揃っているので、絶対必要なパーツを買ってきました。


Parts163
こんなパーツ

ダウンチューブのWレバーの所に付けるパーツです。

ラウンドとフラットのどちらが良いか聞かれたが、??良く判らなかったので丸チューブ用のラウンドタイプを購入、1000円以下で買えました。

でも、そのまま付く雰囲気ではなかった、やはり加工が必要みたい~、残念!

先は長そうです。

ではでは!


まったり出来るブログ村へちょっと寄って見ませんか!

TAG: GIANT FCR RADAC 自転車 ジャイアント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月30日 (金)

レイダック タイヤ交換

ブリジストン レイダック タイヤ交換

先日、久し振りに BRIDGESTONE RADAC でポタした時に気付いた、リアタイヤのヒビ割れが非常~に気になったのでタイヤを交換しました。

交換する為のタイヤはストックしていたのですが、面倒臭いと言うか非常~にタイヤ交換が面倒なリムなのでそのままになっていました。

Parts129b
交換したタイヤは押入れで眠っていたKENDA KONTENDERです、しかもケブラービートでは無くワイヤービートでかなり重いですね。

Parts128b
交換前の Panaracer Stradius Elite です。タイヤ全体がヒビ割れています。

Parts130b
リムは ARAYA VX-400 です。
簡単にタイヤレバーが折れてしまう程(100均のレバーですが)、タイヤを外す時に力が必要なのでタイヤ交換が面倒なリムだと感じています。

Parts131b
サクット交換しました。

ARAYA VX-400 リムと ケンダタイヤは非常に相性が良いのか???
今回は簡単にセット出来てしまいました。

さて、後はビックリする程、効きの悪いブレーキを何とかせねば。

ではでは!


まったり出来るブログ村へちょっと寄って見ませんか!

き~わ~ど
BRIDGESTONE RADAC 自転車 レイダック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

BRIDGESTONE RADAC Page2

BRIDGESTONE RADAC Page2

昨日の続き~~です。
ブリジストン レイダックの記録を残しておきます。

Rada026
ステム周りです。
猫目のワイヤードスピードメーターと心拍計を取り付けています。
心拍計の取り付けにはポラールのバイクマウントを使っています、ジャストフィットですネ。
純正のベルも健在です。
ベルはブリジストンの赤いチューブに入っている錆取り(コンパウンド?)を使ってピカピカです。

Rada027
ハンドル下に方位磁石を付けています。
自動車用に買ってあったものです。
曇りの日に知らない街をポタする時に役に立ちます。

Rada028
DIA-COMPEのブレーキです。
最近の自転車に比べると残念ながら全く利きません。
10%以上の下り坂でなければ止まれますが。
女性の方には厳しいかも?

Rada029
シフトレバーです。
2x6で12速です。
慣れてしまえば気になりません。

Rada030
ハンドルとブレーキです。
最初からの物ですがレトロ自転車に良く付いている昆虫の触覚の様なブレーキレバーではありません、今時の自転車と同じハンドルに巻き込むタイプです。
シマノ製ブレーキではありませんが白いゴムカバーがボロボロだったのでシマノ製のゴムカバーに交換しました。
ハンドルもクラッシクタイプでは無くアナトミック形状です。

Rada031
ダウンチューブのボトルケージは純正プラスチックです。
非常~に使いやすいです。追加で欲しいのですが売っていないですね。
シートチューブ側のボトルゲージは取り付けるネジ穴がありませんのでミノウラのボトルケージホルダー(BH-95X)を使ってホースを固定する時に使うステンレスバンドで固定しています。
エアーポンプは5BAR程度しか空気が入りませんが緊急用って事で!

Rada032
リアブレーキもDIA-COMPEです。
100均のリア用フラッシュはお気に入りです。

Rada033
スペシャライズド BG コンフォート クラシック サドルです。
買った方の9割が満足すると当時どこかの雑誌に書いてあったので買ってみました。
格好良くはないのですが私にはジャストフィットでした。

ではでは!


自転車ブログが集まっているブログ村へ飛びます飛びます!

き~わ~ど
RADAC 自転車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

BRIDGESTONE RADAC

BRIDGESTONE RADAC

最近自転車ブームなのか、古い自転車を引っ張り出して乗っている方が居るようなので私の所有している
ブリジストン レイダックの記録を残しておきます。

Rada021
外観です。
我が家に来てからチョコチョコパーツを交換しているのでレトロな感じが無いところが見受けられますね。

Rada022
SUNTOUR製リアディレイラーと6速スポロケットです。
ディレラーのプーリーはベアリング入りに交換しています。
チェーンはシマノ8速用に8速用ミッシングリンクを取り付けています。

Rada023
チェーンホイールは52Tx42Tだったので42Tをストロングライトの38Tに交換。

Rada024
アルミのペダルを取り付けていましたが、現在鉄ペダルに交換しています。
GIANT FCR1純正ペダルだったりします。

Rada025
A-CLASSのフロントホイール、以前は36本スポークのクラッシックホイールでしたが、スポークの数が少ない分自転車に似合っていない感じがしますネ。
タイヤは以前は28Cでしたが現在23Cを装着です。
フロントホークが鉄なので700x23Cでも以外に乗り心地は良好です。

続きは明日~です。

ではでは!


自転車ブログが集まっているブログ村へ飛びます飛びます!

き~わ~ど
ブリジストン レイダック RADAC 自転車

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

リアホイール リム交換。

リアホイール リム交換。

RADACのリアホイール リムを交換したので記録しておきます。

注意:この記事を参考にしたにも関らず、リム交換に失敗しても責任持てませんので、よろしくです。

リム交換のきっかけはリアタイヤの空気圧を8BARに設定した時に「ポコン、ポコン」とリズム良くタイヤが跳ねる様な感じが有ったのでリムを丁寧に観察したところ、一箇所リムが平らな所が有りました。
空気圧7.5BARなら気付かなかったのですが、一度気になるとずっと気になる物で今回リム交換に至りました。

Rada016
交換前のリムです。
判りますかねー??タイヤレバーの上辺りがフラット気味なのですが。

ホイールなんて一から組んだ事が無い初心者なので、6本組み、8本組み、イタリアン組み、JIS組み、なんて判らない・・・・のでスポークの組み方はリムを外した時と同じ組み方です。
そうです!スポークは、「ばらさず」そのまま使います。

Rada017
いつもの「あれ」を使っています。
スポークがばらばらにならない様に荷紐で固定します。
後でバルブ穴の位置が判る様にバルブ穴位置から荷紐をスポークに巻いて行きます。これでリムを外してもスポークがばらばらになる事はありません。
まずタイヤ、チューブ、リムテープを外します、次にニップル回しでニップルを1回転程緩めていきます、この時バルブの所から始めると判りやすいです、リムの1/3から1/4周程度まで緩めるとニップルが回り易くなります。
使用リムにもよりますがリムを2周位緩めると後はリム側から-ドライバーでニップルを回す事が出来ますのでリムを外してしまいましょう。

Rada018
荷紐でスポークある程度固定されている為ばらばらになる事はありません。
後は外した逆の要領でリムを取り付けます。
交換したリムは以前ここで取り外したARAYA VX-400です。

バルブ穴の位置を決め12時、3時、6時、9時の位置にニップルが外れない程度で取り付けます。
後は適当にニップルを取り付けて行きます。
ニップルの取り付け長さですが私の場合は、とりあえずスポークのねじ山が隠れる程度に全部を揃えました。
これで下準備が終わりです、これからバルブ穴から順番に同じ回数だけニップルを締め付けていきます。
最初は1回転からスポークのテンションを確認しつつ1/2,1/4と徐々に閉める回数を少なくしていきます。
ある程度締めたら「振れ取り」「おちょこ調整/センター出し」をしましょう。 
簡単に書きましたがかなり根気の要る作業です。
(因みに私は振れ取り台、センターゲージは持っていませんので適当です。)

Rada019
荷紐を外して、はい!出来上がりです。
簡単でしたネ!

 

ではでは!

 


自転車ブログが集まっているブログ村へ飛びます飛びます!

きーわーど
RADAC 改造 ホイール 自転車 リム交換

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

リムを部品取り!

リムを部品取り!

RADACのリアホイールが調子悪かったのでリムを交換する為に、使っていなかったフロントホイールを分解しリムを取り出します。

Rada007
Rada008
取り外したいリムは10年以上前?の36穴 ARAYA VX-400です。

Rada009
リム内部に当時の値札が残っていました、3200円ですね。

Rada010
はい!バラバラです。途中経過無しです。
ニップル回し工具で全部のニップルを数回緩め、後はリム側から-ドライバーでニップルが外れるまで回します。

Rada011
タンスの肥やしにする前にハブを「あれ」でクリーニングします。

Rada012
少し綺麗になりました。

次回(いつになるやら)、取り外したリムを使ってRADACのリアホイールを組みなおします。

 

ではでは!

 
 


自転車ブログが集まっているブログ村へ行ってみませんか?

きーわーど
リム交換 改造 自転車 RADAC レイダック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

バーテープ交換

バーテープ交換

3年程使ったRADACのバーテープがボロボロになったので交換しました。
上側の白色部分はまだ行けそうですが下側の赤部分が変色してます。

Rada003_4
3年間バーテープを交換していないせいなのか、テープが「さくっと」剥がれてくれず、ボロボロになりながら剥ぎ取りました。
ベルに写真を撮っているオヤジが写りこんでますね!気付きませんでした。

Rada004
テープを全部剥がした様子。
上側部分のショック吸収ジェルはそのまま、今回は下側にも取り付けました。
市販のクッションジェルでは薄いと感じたのでダイ○ーで購入したジェルパットを使いました。これでかなりハンドルは太くなりクッション抜群になります。

Rada005
テープ巻き終了です。
下側のバーテープが途中から太くなっている所が確認できますネ。

Rada006
上側テープ部分のアップです。
通常は1/3から1/4程度重ねてテープを巻きますが、太めに巻きたかったので1/2で巻きました、ドロップハンドルの途中から巻き始めたのにも関らず白色テープを全て使ってしまいました。

ではでは!

 

ランキング参加中です。プチッ!とお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

きーわーど
RADAC 改造 バーテープ 自転車 交換

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

レイダック

Radac1

同僚から貰ったブリジストン(BRIDGESTONE)のレイダック(RADAC)に乗ってメタボ脱出だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)